児童手当

本文にジャンプします
児童手当

児童手当について

 平成24年4月1日から子ども手当(特別措置法)にかわって児童手当法が施行されました。

 

1.支給対象者等

 児童手当は0歳~15歳に到達した日以降最初の3月31日までの間にある児童(中学校修了前の児童)を養育している方に支給されます。


 ◆
児童福祉施設等に入所の場合、児童の父母はこの手当を受けることはできません。
  (施設設置者が受給者となります)

 

 ◆平成24年6月分(平成24年10月定時振込分)より所得制限が導入されます。


2.支給月額
  

対 象 者

支給月額

0歳~3歳未満

  15,000円

3歳~小学校修了前(第1・2子)

   〃     (第3子以降)

  10,000円

  15,000円

中 学 生

  10,000円

所得制限以上の対象者

   5,000円



3.支給時期
 
4ヶ月分を年3回(月・10月・2月)受給者名義の金融機関の口座に振り込みます。


4.所得制限(平成24年6月分から導入)

 

  

扶養親族等の数

所得制限限度額(万円)

収入額の目安(万円)

622.0

   833.3

1人

660.0

   875.6

2人

698.0

   917.8

736.0

   960.0

4人

774.0

  1002.1

5人

812.0

  1042.1


    ※所得制限限度額は世帯合算でなく、児童手当受給者の所得額が対象です。

5.手続きについて
 児童手当等は、原則、申請した翌月分から支給となりますが、出生日や転入した日が月末に近い場合、申請日の翌月になっても異動日の翌日から15日以内であれば、申請月分から支給します。
 申請が遅れると、遅れた月分の手当が受けられなくなりますので、ご注意ください。

◆初めてお子さんが生まれたとき
 出生により受給資格が生じた日の翌日から15日以内に申請ください。
 【必要なもの】
  ○健康保険被保険者証の写し等。受給者が被用者(会社員等)である場合に必要。(国民健康保険の方は不要)
  ○受給者名義の金融機関口座がわかるもの
  ○印鑑
  ○受給者及び配偶者の所得(課税)証明書 平成28年度課税(平成27年分所得)
   (平成28年1月1日現在、美郷町に住民登録がない場合。ただし、配偶者が受給者の扶養であることが確認できる場合、配偶者分は不要。)

◆第2子以降の出生等により、手当額が増額となるとき
 手当額が増額する事由が発生した日の翌日から15日以内に申請してください。
 【必要なもの】
  ○印鑑

◆美郷町に転入したとき
 転入した日(転出予定日)の翌日から15日以内に申請してください。
 【必要なもの】
  ○健康保険被保険者証の写し等。受給者が被用者(会社員等)である場合に必要。(国民健康保険の方は不要)
  ○受給者名義の金融機関口座がわかるもの
  ○印鑑
  ○受給者及び配偶者の所得(課税)証明書 平成28年度課税(平成27年分所得)
   (平成28年1月1日現在、美郷町に住民登録がない場合。ただし、配偶者が受給者の扶養であることが確認できる場合、配偶者分は不要。)


◆その他、届出が必要な場合(例)

 ・受給者が町外に転出した場合
 ・受給者が公務員になった場合
 ・児童を養育しなくなった場合
 ・児童と別居した場合
 ・児童が施設に入所または里親に委託された場合
 ・受給者の口座を変更する場合
 ・受給者または児童の住所、氏名を変更した場合