宇納間地蔵大祭

本文にジャンプします
宇納間地蔵大祭

宇納間地蔵尊(北郷地区)
全長寺、仁王門をくぐり、365段の長い石段を登り詰めたあたりの鉄城山山頂。ここに祀られている宇納間地蔵尊は、名僧行基菩薩の手による一刀三礼の霊佛ともいわれています。この霊佛は、平安朝の末期、天台の僧・正岸僧都が諸国行脚の際日向路を訪れ、小原地区の市木に寺を建立、地蔵菩薩をご本尊として祀られたのが由来とされ、その後鉄城山の地蔵堂に移奉されました。


宇納間地蔵大祭
この菩薩像は「火伏せ地蔵」と呼ばれ、およそ200年前、江戸市中に大火が発生し藩邸もまさに類焼の危機に瀕した時、当時の延岡藩主の祈誓に応えて、忽然と屋根に僧侶が現れ「水を注ぐこと大雨のごとし」と、それを鎮火させたといわれています。
また、延岡藩主は帰国後に親拝、家紋「下り藤」を寺紋として授けられ、やがてそのことが幕府にも伝わり、徳川の家紋「三葉葵」の使用も許可されました。
地蔵菩薩の開帳は60年に一度とされていますが、例祭は旧正月、6月、9月の24日に開催され、特に旧暦1月24日を中日とする3日間に開催される宇納間地蔵大祭は、大勢の参拝客で賑わいます。

平成29年の宇納間地蔵大祭は2月19日(日)~21日(火)の3日間で行われます。
お札に関するお問い合わせは「全長寺(0982)62-5018」までお願いします。


 YouTubeへ移動します。


宇納間地蔵大祭1 宇納間地蔵大祭2 宇納間地蔵大祭3

平成29年 宇納間地蔵大祭 イベント


「第12回宇納間地蔵大祭エイサー」

  主催 : 北郷商工会青年部

 【 2月20日(月)】
  ■ 14時30分~ エイサー演舞

   沖縄「鼓衆しんか」 ・ 北郷「絆」

 【 2月21日(火)】
  ■13時00分~ エイサー演舞

   沖縄「鼓衆しんか」 ・ 北郷「琉星會」

  ■14時00分(予定) もちまき ※エイサー演舞終了後
  

 ★このイベントに関するお問い合わせ先
   北郷商工会 TEL:0982-62-5895



 平成29年 宇納間地蔵大祭 交通情報

 宇納間地蔵大祭のスムーズな運営、道路通行上の危険を未然に防止するため、交通規制を実施いたします。大祭にお越しの際は、交通整理員や誘導看板の指示に従ってくださいますよう、ご理解とご協力を宜しくお願いいたします。

【 規制期間 】
 平成29年2月19日(日)から平成29年2月21日(火)
 ( 午前8時30分から17時00分)
          
 ・交通規制地図【迂回路】.pdf

 ・交通規制図 -詳細.pdf

 ※図中の緑で示した区域が駐車場です。
 ※小学校に駐車される方についてはシャトルバスでの送迎を行います。 

【お問合せ先】
 美郷町役場北郷支所総務課
 TEL 0982-62-6201