町のプロフィール

本文にジャンプします
町のプロフィール

【沿革】

 本町は、東臼杵南部地域にある3村(旧南郷村、旧西郷村、旧北郷村)が対等合併として、平成18年1月1日に誕生した町です。

 旧村は、ともに明治22年の町村制施行により、南郷村は上渡川村、中渡川村、鬼神野村、神門村、水清谷村の五村が合併して、その後昭和23年には西郷村の一部(大字山三ヶ又江・安蔵)を南郷村に編入しています。西郷村は山三ヶ村、小原村、田代村、立石村の四村が合併して、北郷村は宇納間村、入下村、黒木村の三村が合併して発足しています。旧村とも116年の長い歴史を築いてきましたが、平成17年2月22日合併協定調印後、同年7月11日に廃置分合に関して宮崎県議会において可決され、同年9月2日付け官報に総務大臣の告示がなされました。

【地形】

 東臼杵郡南部地域にある本町は、宮崎県の北部に位置し、北は日之影町、延岡市、東は門川町、日向市、南は西都市、木城町、西は諸塚村、椎葉村に接し中央部には耳川が貫流し、北側には五十鈴川、南側には小丸川が流れ、これら河川の上流域に位置しています。
 面積は県土の約6%の、44,884haであり、その約92%が山林です。

【人口】

 本町の人口(旧三村合計数)は、国勢調査の結果によると昭和35年19,410人、昭和55年10,709人、平成22年は6,248人であり、この約50年間で13,000人程の減、減少率67.9%となっています。
 また、現住人口による平成22年高齢化率は43.6%となっており、今後さらに上昇することが予想されます。

 

【町民憲章】

 私たちは、めぐまれた自然と思いやりのある町民性を活かし、豊かで、活力のある、安全・安心なふるさとを創るためにこの憲章を定めます。

  一.美しい心を育み、健康で笑顔あふれる家庭を築きましょう。

  一.郷の薫りと自然を守り、活力ある産業を創りましょう。


  一.町民としての誇りと自信をもち、ゆたかな文化を育てましょう。

 

町のシンボル

町章

 

 美郷町の頭文字「み」と若葉を組み合わせたデザインで、豊かな自然に囲まれ伸びゆくまちの未来と町民の協和を イメージしています。躍動感ある曲線は、新しい力、心豊 かな暮らし、交流を象徴しています。 


町の木・花・鳥

 町づくりの基本理念である「豊かで 活力のある 安全・安心な 郷づくり ~新しい力で築くオンリーワンのまち~」にふさわしい「町の木・花・鳥」について平成19年8月に制定いたしました。

町の木「モッコク」
    ツバキ科の植物で、成長すると高さ15mになる常緑の中高木。7月ごろになると、直径2cmほどの黄白色の花をつけ、芳香を放ちます。葉に丸みがあり、優しさと粘りを感じさせられます。
町の花「ウメ」
春一番に町内各地で咲き、寒さに耐えて美しく咲く姿は見る人々に元気を与えます。南郷区水清谷地区では栽培が盛んであり、「南高梅」として好評を得ているところです。 
町の鳥「メジロ」
 

その爽やかな鳴き声はすばらしく、姿も大変美しいので古くから日本人に親しまれてきた鳥です。目の周りの白い輪が特徴であり、名前の由来ともなっています。