第40回百済の里いだごろ祭りを開催します!

本文にジャンプします
第40回百済の里いだごろ祭りを開催します!

 

♪ ホラ 又 とれた いだごろじゃ ショコホイ ショコホイ ♪

  H30ポスター     

   美郷町南郷の夏の風物詩『百済の里いだごろ祭り』が今年も開催されます!
   豪華ゲストによる歌謡ショーや来場者総出のいだごろ踊りのほか、様々な催しを
  予定しております。
   
ご家族、ご友人お誘いあわせの上、皆さんでぜひお越しください!!

   【開催日】
     平成30年8月15日(水曜日)

   【場所】
     南郷茶屋下駐車場

   【イベント内容】
    ・豪華ゲストによる歌謡ショー(ゲスト:山川豊・黒木美佳・英二)
    ・日向十五夜太鼓による熱いステージ
    ・小丸川で遊ぼう!魚釣り&つかみどり(上小丸川漁業協同組合主催)
    ・みんなで踊ろう!いだごろ踊り(第1部~第3部)
    ・なんごうのど自慢カラオケ大会
    ・夏祭り大抽選会
    ・打ち上げ花火

   【タイムスケジュール】
     11:00 小丸川魚釣り
     12:30 つかみどり
     16:00 日向十五夜太鼓
     16:30 いだごろ踊り(第1部)
     16:50 英二 歌謡ショー(第1部)
     17:20 山川豊・黒木美佳 歌謡ショー
     18:20 いだごろ踊り(第2部)
     18:50 なんごうのど自慢カラオケ大会
     19:20 英二 歌謡ショー(第2部)
     19:50 夏祭り大抽選会、カラオケ大会表彰
     20:15 いだごろ踊り(第3部)
     20:40 打ち上げ花火

     ※ 時間は予定です。天候、進行状況等によって変更される場合も
      ありますので、あらかじめご了承ください。


 【問い合わせ先】
   百済の里いだごろ祭り実行委員会(美郷町役場企画情報課南郷支所内)
   TEL 0982-59-1601
  
 
たな
いだごろ踊り2
 

 

 

 いだごろ踊りの由来 

宝暦年間(1751~64)延岡藩の飯田五郎という警護番の武士が、毎年、今の美郷町南郷に派遣され、庄屋の家に泊まっていた。川があるのに毎日の食事が鶏や兎の料理だったため、不思議に思った警護番は、その理由を聞いたところ、「小丸川の下流に大きな滝があって、ここまでは魚がのぼってこない」との返事だった。
 警護番は、村人3人とともに、児湯郡木城町の川で「うぐい(いだ)」を捕獲し、持って帰って近くの川に放流した。


 そして、「この魚が増えるまで3年間は取ってはいけない」とお触れを出しそれを守った村人たちは、それ以降小丸川に住み着いた新鮮なうぐいを食べられるようになったのだ。当時の村人たちにとって、3年後の解禁の喜びはたとえようのないものだっただろう


 
魚取りの状況(手まね、足まね、網を投げるまね、魚取りかごに入れるまねなど)が、踊りのもととなっている。
 

 この踊りを、警護番の飯田五郎への感謝の気持ちを現わし、「いだ五郎踊り」という名付けた。川祭りに魚の供養として行っていたのが、現在の盆踊りとなっている。

 

 
  いだごろ祭り1  いだごろ祭り2