百済の里いだごろ祭り

本文にジャンプします
百済の里いだごろ祭り

※ 令和元年度 第41回百済の里 いだごろ祭りの開催中止について ※ 

 2019年8月15日(木)、美郷町南郷地区 南郷茶屋下駐車場にて開催を予定しておりました第41回百済の里いだごろ祭りは、台風10号の接近が予測されており、安全性を考慮いたしました結果、やむなく中止とさせていただきます。
 楽しみにされていた皆様、関係者の皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ございません。
 何卒、ご理解いただきますようお願いいたします。
 


 いだごろ踊りの由来

宝暦年間(1751~64)延岡藩の飯田五郎という警護番の武士が、毎年、今の美郷町南郷に派遣され、庄屋の家に泊まっていた。川があるのに毎日の食事が鶏や兎の料理だったため、不思議に思った警護番は、その理由を聞いた。

 

「小丸川の下流に大きな滝があって、ここまでは魚がのぼってこない」との返事だった。

警護番は、村人3人とともに、児湯郡木城町の川で「うぐい(いだ)」を捕獲し、持って帰って近くのに川に放流した。
そして、「この魚が増えるまで3年間は取ってはいけない」とお触れを出した。それを守った村人たちは、それ以降住み着いた新鮮なうぐいを食べられるようになった。当時の村人の3年後の解禁の喜びはたとえようのないものだった。
魚取りの状況(手まね、足まね、網を投げるまね、魚取りかごに入れるまねなど)が、踊りのもととなっている。
この踊りを、警護番の飯田五郎への感謝の気持ちを現わし、「いだ五郎踊り」という名前を付け、川祭りに魚の供養としていたのが、現在の盆踊りとなっている。

令和元年の百済の里いだごろ祭りは、8月15日(木)に開催されます。